自給自足ならスプラウトが向いているんじゃない?

もやし(スプラウト)なんてと馬鹿にしていませんか?

家庭で室内栽培をしていると、簡単なものほど有用なものが多い事に驚かされます。

簡単に無農薬で家庭内栽培できるシソや小松菜、簡単なものが価値が少ないとは思えません。

 

室内栽培していると発芽はするけど、本葉数枚で成長がパタット止まるケースが。

発芽したものを小さいうちに食べるのなら、ほとんど失敗する事はないのでは?

が、スプラウトに興味を持ったきっかけでした。

スプラウト用の容器で種から栽培していることでも有るし、

途中で間引いたものは当然食べられるよね?それってスプラウトと何が違うの?

スプラウト ひとくち知識

スプラウトは、新芽、双葉、稚苗、幼苗 など、いろいろな成長段階の総称のようです。

というと、つまみ菜や、間引き菜もスプラウト?のようです。

市販のスプラウトは、もやし系の新芽と、かいわれ系の双葉が主流。

もやし系は暗室栽培で、かいわれ系は発芽成長後 日に当て緑化させるもので、

いずれも茎が長く伸び食べられる部分が多い

スプラウト用の種は、普通の野菜の種とは違う。

普通の野菜の種は、通常、発芽時の病虫害を防ぐ為薬品処理をしているようです。

普通の種でスプラウトを作るのは危険なようです。

薬品の影響の残るつまみ菜の食用は止めた方がよさそうです。

1ヶ月以上経ってから収穫する間引き菜は、種の農薬漬けによる影響は無くなっているでしょう。

 スプラウト用の種で、室内野菜は作れないの?

スプラウト用の種で、室内野菜が作れれば、種も無駄にならないし一石二鳥ですね。

そこでやってみました。

スプラウト用のシソで、発芽、成長は劣るものの、立派に夏のしその家庭用の需要を充たしてくれました。

siso_tane使ったスプラウト用のシソの種です。
5月にスプラウト容器に明るい所で、普通に蒔きました

siso_0818成長した室内のシソ(8月18日)

スプラウトは、昔ながらの伝統のある栄養野菜。

長い航海での野菜不足に対応する為に、スプラウトが使われていたようです。

発芽の生命力、凝縮された栄養素は、古くから利用されていたようですね。

スプラウトのもつ、驚きの効果効用

野菜の新芽のスプラウト、見た目は頼りないけれど、ひとつまみでもすごいパワーです。

スプラウトひとつまみ健康法―人の寿命は酵素で決まる

テレビにニュースに話題のスプラウト

ブロッコリースプラウトが、繰り返し話題になります。
ブロッコリースプラウトの新たな効用
新たな効能が、まだまだ発見されるスプラウトです。