家庭の室内で種から育てたハーブのタイム栽培体験の記録

枯れた翌年復活したタイム 2010年6月23日
枯れた翌年復活したタイム
2010年6月23日

ハーブの体験記録です。
2009年に種を蒔いて失敗したと思っていたタイムですが、
2010年に年を越して芽が出て復活しました。

非常に香りが強いハーブですので、少しだけで料理が引き立ちます。
  料理に1株だけでも、有ったら便利な人気のハーブです。

 

タイムは、葉もの野菜のように、どんどん育て収穫するものではありませんので、
水循環型の水耕栽培は、あまり意味が無いようです。

多年草のハーブは、キッチンの片隅でハイドロカルチャーで育てるのが向いているようです。

  タイムは、高温や水に弱いと言われています。
  9月に枯れてしまったのは、リビングルームは初秋から陽が差し込み出し、
  水がお湯になってしまったからと思っています。
  日光が好きだと思って、陽射しの強い所に放置しました。
  今年は、注意して冬まで持たせたいものです。

  でも枯れてしまったものが、水も与えずそのまま放置してても復活する
  水分を欲しがらない、病気にならない、虫もつかない
非常に強い家庭室内向きのハーブです。

  多年草は苗から育てるのが一般的なようですが、
  土付き苗は許されないなら、1年目は種から水栽培で十分楽しむ事ができます
  いろんな種類のハーブの種を纏めてみました。
水栽培 健・考 日記のフリーページ(ハーブの種)

  春から種を水だけ栽培で育てて、沢山育つので間引きながら食べてゆく。
  翌年以降は少数をハイドロカルチャーで、ゆっくり育てるのが適しているような気がします。
  芽を摘むと分枝するので、5cm迄摘んで食べると、株がこんもりしてきます。

5月蒔きのタイムの栽培記録

 

タイムの水栽培 2009年7月12日
タイムの水栽培
2009年7月12日

 

(タイムの水栽培)


5月にスプラウト用容器に蒔いて、そのまま水栽培しています。
(しそ と バジルに水耕器は占有されているので)
ぼちぼち容器に移そうかな。
徒長気味ですが、いい香りがします。
大きいのから間引き収穫して使えます。 

水耕器のタイム 2009年8月16日
水耕器のタイム
2009年8月16日

水栽培のタイム 2009年8月16日
水栽培のタイム
2009年8月16日

 

水耕器と、ぷらコップの水栽培とに分けて栽培です。

少し居心地を良くしました。どちらも、そこそこ成長しています。

水耕器にセットする意味はあまり無さそうです。

ハイドロカルチャーもどきのタイム 2009年9月4日
ハイドロカルチャーもどきのタイム
2009年9月4日

 

ハイドロカルチャーのタイム

無印の文房具処分品で、ハイドロカルチャー向きの容器が有ったので、
ミリオンとハイドロボールで一部ハイドロカルチャーしてみました。

枯れたタイム
枯れたタイム

 

   (タイム全滅)
 (2009年9月26日)
 水耕器のタイムは、全滅です。 根を見ると黒くちじんでいます、

 どうも根腐れしているようです。   

タイム根腐れ
タイム根腐れ

 

 全容器とも時間の差は有りましたが、枯れてしまいました。
  ハイドロの容器のものだけ、枯れたままにしておき、他のものは全て捨てました。 

 


タイムは、室内で栽培して、チョビット切り取って使うのが便利。

食用に鑑賞の喜びも追加して
楽しい容器のハイドロカルチャーで育てるのも楽しいでしょう。


タイム復活 2010年3月26日
タイム復活
2010年3月26日

(タイム復活)
(2010年3月26日)

枯れている枝に葉が付いて成長しています。

捨てなくて良かった、これもハイドロカルチャーにしていたからと喜びました。 

 

 

今年は、春の成長期に、大きく育てたいと、
このユートピアブレンドを購入しました。すこしのハイドロカルチャーには、
希釈しないタイプが使いやすい。

タイムは水だけでも育つとは思いますが、
少しでも面倒を見たくなります。

その甲斐有ってか、今年は順調です。 

 

順調に成長する復活タイム 2010年4月21日
順調に成長する復活タイム
2010年4月21日
順調に成長を続ける復活したタイム。

タイムは、葉を切り込んでいって構わないとのことで、早速料理に使用します。 

摘んだ所から分枝するタイム (2010年6月23日)
摘んだ所から分枝するタイム
(2010年6月23日)
食べる為に摘んだ所から、分枝して株がどんどん大きくなってゆく気配です。

順調に成長するタイム (2010年6月23日)
順調に成長するタイム
(2010年6月23日)
香りが良いハーブで人気が有ります。それですぐ料理に使用してしまいます。

それでも順調に成長を続けるタイムです。

これが、失敗したと思って1株だけ放置しておいたなれの果てとは思えません。

 

タイムを使って魚料理
タイムを使って魚料理

 

(タイムを収穫し料理に使用)
(2010年4月29日)

さわらにタイムを乗せてみました。

タイムは、苦い味がピリッとして、魚にはよく合います。

一株だけでも随分と重宝します。